アスコセントラム

我が家の蘭達

アスコセントラムの紹介ページ



アスコセントラム (Ascocentrum:アスコセントラム )


略号 Asctm.

見かけは小ぶりなバンダといった草姿をしています。

バンダとの交配属にアスコケンダがあり、育てやすいのかよく出回っている

のを見ます。また、日本原産の風蘭との交配種としてアスコフィネチアが

ありますが、これは、小型で花色が多彩で寒さにも強い種類です。

代表種  Asctm. ampullaceum



ちなみに我が家に居るのはアスコセントラム・ミニアタムです。

右の写真をご覧になって下さい。

小さなオレンジ色の花がたくさん房状に咲くんですよ〜。

とてもかわいらしい花で、育てるのも簡単でお勧めの種類です。



【アスコセントラムの栽培方法】


・小さな株は、素焼きばちなどに植えてもいいですが、木枠のバスケットや

 プラスチックの枠に植える方が良いです。


・このアスコセントラムは日光を好みますが、春や秋には30%ほど、夏場

 など日差しの強い季節には50%ほど遮光して下さい。冬場は室内の日の

 良くあたる場所に置いてあげてください。


・水やりですが、どの蘭の種類もそうですが、生育期にはたっぷり水を与え

 てください。また、室内や乾燥している時には、葉水を与えて湿度を高め

 にしてあげてください。


 着生種は、バンダもそうですが湿度がある程度高い方が好きなのです。

 ですけど冬場は別です。冬場の水やりは、控えめにして下さいね。


 蘭はどの種類もそうですが、冬場の低温期には休眠状態になり根や草体の

 成長が止まります。従って、水を吸い上げ難くなるので、水のやり過ぎとなり、

 根を腐らせたり、傷めたりする原因になります。


 花を冬に咲かせる種類も活性は落ちているので、やはり水やりは控えめに

 します。


・肥料についてですが、よく玉ねぎ等をネットに入れて売っていますよね。

 私はあれを利用しています。


 ネットの下の方を使って、中に緩効性の肥料を入れて上をしばって閉じます。

 これを株の上部に吊り下げて、水やりの時にこのネットの上から霧吹きで

 水をあげると、常に肥料をあげることが出来ますよね。

⇒最近の写真はこちら

◎ この写真は我が家のアスコセントラム・ミニアタムです。まだまだ小さな株ですが、早く下の写真の株みたいになるといいなぁ。

◎ この写真は我が家のアスコセントラム・ミニアタムの花のアップです。小さな花が、房状に咲くんですよ。

◎ この写真はわたしの目標とするミニアタムの姿です。
**************************************************************************

【サイト目次】

【百花繚蘭TOPページ】


・アスコセントラムの部屋

・エピデンドラムの部屋

・オンシジウムの部屋

・カトレアの部屋

・ファレノプシス(胡蝶蘭)の部屋

・シンビジウムの部屋

・セロジネの部屋

・デンドロビウムの部屋

・バンダの部屋

・フウランの部屋

・マキシラリアの部屋

・その他の花の部屋


☆プロフィール


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【リンク集】

・蘭(ラン)のホームページ

・観葉植物のホームページ

・草花栽培

・ベランダガーデン

・盆栽

・ハーブ

・トピアリー

・イングリッシュガーデン

・植木

・園芸学

・園芸療法

・家庭菜園

・花の写真

・植物園

・DIY&インテリア
mailto:fox@srrhnp.com
(C)百花繚蘭